コーラス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コーラス


  • 主にバッキング(伴奏のような役割)やハモリ担当。声の高さによって高いほうから、ソプラノ、アルト、テナーと呼んだり、Top、2nd、3rdという言い方をしたり、バンドによって呼び方は様々。

◆コーラスパート要素


  • 【音程の感覚】音を重ねるわけであるから、当然音程の感覚に優れている必要がある。音程は練習量がものを言う。そして良い音楽をいっぱい聴くことが大事である。下手な人の歌ばかり聴いていると、本当に自分も下手になってしまうかもしれない。特に、上手いといわれている人の中でも「特別に、世界的に」上手い人たちの歌を聴くのが効果的である。
  • 【息が安定していること】息が不安定だと音も不安定になる。呼吸の練習をしっかりすること。
  • ボーカル・スキル】コーラスパートというのは、リード・ボーカル以上にテクニックを持っている必要がある。ブレスのタイミングやニュアンスを揃えること、ダイナミクス(音の強弱)を自由につけられること…などたくさんある。
  • 【バランス感覚】出るべきところは出る、引っ込むべきところは引っ込むバランス感覚がコーラスの醍醐味でもある。


引用「ハモネプ START BOOK」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。