ボイパ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボイパ


  • ボイス・パーカッションの略。
  • 口でドラムやパーカッションのような音を出し、リズム楽器的な役割をする。

◆ボイパパート要素


  • 【リズム感】ベースと同じく、ボイパはリズムの中心である。ボイパのリズム感が悪ければ、いくら他が上手くても、台無しとなる場合もある。普段からリズム・トレーニングを習慣づけて、リズム感を常に磨こう。
  • 【肺活量】ボイパはボーカル以上に息を使う。肺活量が無くてはしんどいパートである。それもただ肺の要領が多いだけでなく、呼気圧(息を吐く圧力)が高いことが必要。それによって、アタック感があるボイパが可能となる。
  • 【自由な発想】「どうしたらこんな音になるんだろう?」出したい音への想像力がボイパを形作ってゆく。「こんな音は無理」「この音はこうしか出ない」なんて頭を固くしないで、自由な発想でものを考えられるようになると、バリエーションは無限に広がる。

引用「ハモネプ START BOOK」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。