※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

A-10を30年運用していく間にミッション要求と戦場の複雑さ等の影響により機体は発展し続けました。
初期は味方への友軍への援護爆撃等が主な任務でしたが、ペルシャ湾、バルカン諸国およびアフガニスタンの実際のA-10戦闘で、低高度のCAS任務は変わっていきました。
中高度よりも低高度で対空砲(AAA)や携行地対空ミサイル(MANPAD)の脅威により中高度(12,000〜20,000フィート)での任務が主になりました。
これは可能になりました、予定されている、どちらか、高い高度防空脅威および(または)脅威を中和する十分な親しみのある支援財産への確実なミディアムの不足に。
そのため、ほとんど低高度用の兵装であったA-10は、改良を重ねて中高度でも対応できるようになりました。

こういった経緯があり、現在ではおもに4つの任務に就くことが多いでしょう。