※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1966年6月に、攻撃の実験の(A-X)プログラムは始められ,同年の9月に提案依頼書(RFP)が製作され、1967年3月6日に21の防衛関係業者への請求が空軍により出されました。

1969年、機体重量35,000 lbs、1機あたり100万ドル、1組のバイパス・ファン・ジェット搭載した航空機の開発が進められました。
要求性能は以下ようなものです。


  • ターボは31.1〜44.5 kN
  • 250マイルの戦闘任務半径
  • 9,500lbsの装備搭載で2時間以上の偵察
  • 4,000フィートの最大高度
  • 1,000フィート未満で性能を一番発揮できる
  • 前進作戦基地(FOB)でのメンテナンスが容易
  • 低コスト
  • 主戦闘戦車を破壊するための30mm砲を搭載できる能力
  • コストを下げるために既製のハードウェアを使用

140万ドルの価格で600機の購入を目安に、航空機メーカー12社に1970年5月7日、依頼が提出されました。
12の会社のうち、ノースロップ社とフェアチャイルド社は1970年12月18日にプロトタイプ競争の勝利者として選ばれ、それぞれ2つのプロトタイプを設計しました。
ノースロップはYA-9と名づけ、
また、フェアチャイルドはYA-10と名づけました。

Figure 2. YA-10A


Figure 3. YA-9A

テスト・パイロット「ハワード・サム・ネルソン」の手によって、YA-10は1972年5月10日にエドワーズAFBから処女飛行をしました。
のちに開発されたYA-10AではM61A1 20mmからGAU-8/A 30mmのものに取り換えられました。
2つのプロトタイプの競争は1972年10月10日から1972年12月9日まで行われました。
2つのプロトタイプの対決の結果は、両方とも要求仕様をはるかに上回るものでしたがYA-10が決定されました。
理由は以下のとおりです。


  • ほとんどのテスト・パイロットは、YA-9よりYA-10の飛行性能が好みだった
  • 少ない回転慣性
  • アンダーウィングへのアクセスの容易さ
  • 既に米国で使用されていた既存のTF-34エンジンに使用している。
  • バイキング
  • よりよいシステムと生産性


YA-10は1973年1月18日に勝利者と発表されました。
また世界的には見た目がロシアのCAS攻撃機、Su-2に似ていました。

予断ですがあなたがSu-25に興味があれば「Lock onシリーズ」も試してくださいね。