※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

F-100、F-4やF-5のような高速のジェットが緊急事態、偵察時、近接航空支援(CAS)等の大きな役割をはたしてきましたが、
しかしU-10、OV-10のような低速の航空機のような火力を欠いていました。
こういった、ベトナム戦争での経験から、米軍は速さと火力を両立する特殊攻撃機を開発しました。それがA-10です。

A-1スカイレイダーはこのCASおよび格闘捜索救助(CSAR)として活躍し、その頑丈と大火力の武器によって南東アジアで成功をおさめました。
しかしヨーロッパでの戦場においてあまり十分であるとは考えられていませんでした。

Figure 1. A-1D スカイレイダー

ベトナム戦争中のCAS任務にあたった航空機に対する主な脅威は、携帯ミサイル、地対空ミサイルおよび低空対空砲撃でした。
これにより航空機は耐久性を求められるようになります。


当時は現在と違い空軍の遅い攻撃機に加え、UH-1およびAH-1ではCASの任務にとって、西ヨーロッパやソビエトに対抗できるような防衛力と交戦する能力を持っていませんでした。

これらの事情により空軍はA-1への置き換えるために以下の条件の航空機を求めました。


  • 耐久力と丈夫さ
  • 長時間の航行
  • 多くの兵器の積載
  • 機体の俊敏さ
  • 短距離離着陸が可能

計画されたワルシャワ条約統合防空組織(IADS)が決定され、この航空機の需要がさらに高まり、このような飛行機の開発が開始されました。