※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「2-5. A-10の任務」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

2-5. A-10の任務」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-運用上のサービスの30+年で、A-10使命は常に会うために発展し続けました。ミッション要求と戦場の複雑さを変更します。
-最初のA-X必要条件を満たして、A-10は、最初に熱くなる冷戦の場合にはワルシャワ条約力に接する友軍の味方への上空掩護(CAS)に集中しました。
-しかしながら、ペルシャ湾、バルカン諸国およびアフガニスタンの実際のA-10戦闘で、最初の低高度CAS使命は劇的に変わりました。
-ミディアム高度と比較して、低高度ではるかに大きな防空脅威を与えられて、対空砲(AAA)および人ポータブルの地対空ミサイル(MANPAD)からの脅威を最小化するために、A-10オペレーションは、一般に、ミディアム高度(12,000〜20,000フィート)に移りました。
+A-10を30年運用していく間にミッション要求と戦場の複雑さ等の影響により機体は発展し続けました。
+初期は味方への友軍への援護爆撃等が主な任務でしたが、ペルシャ湾、バルカン諸国およびアフガニスタンの実際のA-10戦闘で、低高度のCAS任務は変わっていきました。
+中高度よりも低高度で対空砲(AAA)や携行地対空ミサイル(MANPAD)の脅威により中高度(12,000〜20,000フィート)での任務が主になりました。
 これは可能になりました、予定されている、どちらか、高い高度防空脅威および(または)脅威を中和する十分な親しみのある支援財産への確実なミディアムの不足に。
-そのため、ほとんどのA10s格闘使用は、武器(機銃掃射しCCIPロケット/爆弾配達)を使用する高度を低下させる小旅行で12,000フィート以上でした。
-今日は特別の使用でのA-10Cである、Litening ATのコンビネーション、低高度脅威を回避するミディアム高所および孤立範囲から攻撃する精密誘導爆弾およびミサイルを備えたターゲットとする鞘。
-そのようなやり方でこれらの高所から働いて、A-10Cは、それが導くことができる使命の4つの一般型を持っています:
+そのため、ほとんど低高度用の兵装であったA-10は、改良を重ねて中高度でも対応できるようになりました。
+
+こういった経緯があり、現在ではおもに4つの任務に就くことが多いでしょう。