※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

奄美原 咲(あまみはらさく)   〝來來〟(らいらい)




コラボ版のFuture Duelist StoriesO.W.Lに登場するキャラクター。髪は鮮やかなピンク色。
コラボ版のFuture Duelist Storiesにて、神園奈緒と行動を共にする。

『ディスカル』の『特別調査部隊』に所属している局員だが、あまり特別情報総合管理司令部には出向せず、七季達と顔を合わせる事は少ない。
七季と同じ頃に『ディスカル』の局員となっており、現在も七季と同じ『特別調査部隊』に所属している。
古株の局員なので、局員としての経験は豊富。
見た目も小学生ぐらいの女の子にしか見えないが、性格もかなり幼稚で、口調も「はにゅ」とか「~なのれす」など、独特の物言いをする。
興味の無いことは絶対にしない、逆に興味のある事は誰にも止められない執着を見せるという、自分の感情に忠実な、自由奔放な女の子。
七季に対しては、積極的に好意を見せているが、その過度なスキンシップと性格と口調に、七季はほとほと手を焼いている様子。

小学6年生で、煤香と同じ「架漉川女子学校」に通っている。
煤香とはクラスも同じで、彼女とは性格が合わないせいか、昔から犬猿の仲。








5歳の頃、たった一人の母親が、交通事故によって記憶喪失になってしまったことから、親元を強制的に離れざる負えなくなっていた。
しばらくしてからイマジネーターとしての能力が開花して、『ディスカル』に直接、回収されている。
以後は『ディスカル』の局員として務めているが、入局した当初から幽霊局員。
葛加太には入局した当初から恩を受けており、慕っている。
目的は、いつかイマジネーターとしてではなく、普通の人間として生きていけるようになること。







『ディスカル』からイマジネーターⅩⅩⅩⅩⅣとして指定されており、「糸状の物」を操るイマジネーション能力を持つ。
常に、愛用の太さ4cmのバインドワイヤーと、ピアノ線を持っており、それらを無数に増幅させて伸ばして攻撃を行う。
また、ちょっとイマジネーション能力をフルに発揮して無理をすれば、日常によく見かける物、場合によっては建造物などさえも、彼女の「糸」として武器となる。
しかし、一定領域内の物を操ることしか出来ないため、領域外の物は彼女の能力の干渉を受けない。