※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

坂城七季(さかきななき)  〝零雫〟(ぜろのしずく)




コラボ版のO.W.Lの主人公。髪は浅葱色(あさぎいろ)。
普段は温厚でお人良しの「日穏シルフ高校」に通う、普通の高校生を装っているが、実態は『ディスカル』に所属する戦闘局員、イマジネーターⅧ〝零雫〟(ぜろのしずく)である。
普段の性格と、『ディスカル』の任務に赴いている時などの性格は段違いで、「非道な復讐鬼」として知られる。
高校生活の中で出会った千塚鴇見と親しく、鴇見の優しさにどことなく甘えている自分に嫌気を感じている。
上司の伊衆院葛加太には自分と鴇見の関係をダシに、からかわれている。
また、須賀実上沙妃雪癒凛大海霞といった同じ居住地のイマジネーターともそれなりに認識がある。




幼い頃、イマジネーターとして自分の回収にやってきた『神現司世』のイマジネーター、玖珠木弓奈希に目の前で妹を殺されており、数年間の間、『神現司世』に囚われている。
仲間の脱獄に乗じて自分も『神現司世』から離反し、後に葛加太と出会ってからは『ディスカル』の下で戦闘局員として働いている。
目的は弓奈木への復讐である。

イマジネーション能力は主に、「水」を操る。
しかし、主に操れるものは「自分の血」であり、自然の水をどうこうすることはあまりできない。
自分の洗練された血を使って雫(しずく)を形成し、それを形にして戦う。
自分の身体の一部を消耗してイマジネーションする能力は珍しく、それ故に『ディスカル』の局員の一部からは「異端者」として罵られている。
また、雫の同化によって自分の身体の強化もでき、超人的な能力を越えたイマジネーターのさらに上をいっている。
しかし、このイマジネーションによって血の消耗が過度を越えると、危険な状態に陥る。一長一短である。





『神現司世』にいた時は、過度のストレスを故意に与えられており、残虐な抹殺者となっていた。