※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

炎姫クリムゾン

(ホノオヒメクリムゾン)
モンスター・星6・炎
魔法使い族・効果
攻撃力2300/守備力1200
このカードの生け贄召喚に成功したとき、相手の手札をランダムに1枚選択し墓地に送る。そのカードが魔法・罠カードならば相手に500ポイントのダメージを与える。


チームシャドウミラー制作のオリジナルパック、TRACE OF THE BRAVERにて登場した、姫シリーズの炎属性モンスター。
炎帝テスタロスの下位互換のような効果を持っており、攻撃力は帝シリーズより100ポイントだけ少ない。
ただし、守備力は帝より1200ポイントと少し高めである。


基本的には炎帝テスタロスと同じような使い方が望ましい。
そのため、墓地から自身の効果で蘇生できる黄泉ガエルや、相手モンスターのコントロールを手軽に奪える洗脳-ブレイン・コントロール、デメリットはあるが生贄補助+除去能力を持ったクロス・ソウルで生贄召喚するのが望ましい。
しかしながら、基本的にこのカードは下位互換の能力なので、やはりこのカードより使い勝手が良く上位の帝シリーズが優先されてしまう。
このカードのハンデス効果も、うまくいけば安定した固定ダメージを与えれるまでになるが、やはり炎帝テスタロスの方がステータス的に優っているため、デッキへの投入率が低いと言っても良い。
炎帝テスタロスが3枚積みで、もしまだ炎属性の上級モンスターが必要な場合に、このカードの投入の余地を検討してみてもいいかもしれない。


しかしながら、確かに帝シリーズの下位互換であるカードなのだが、姫シリーズは一括して魔法使い族である。
即ち、このカードも本家炎帝である炎帝テスタロスの炎族と違って、魔法使い族なのである。
そのため、このカードには魔法使い族である利点を活かしてディメンション・マジックなどのサポートカードの恩恵を受けることができる。
ディメンション・マジックの場合、特殊召喚なため、生贄召喚の際のハンデス効果は発動できなくなってしまうが、ディメンション・マジックには相手モンスターの除去効果も備わっているため、あまり気にならない。
魔法使い族デッキにも投入の余地があるだろう。




  • もちろん炎属性なので、火霊術-紅のコストにしたりもできる。