※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{TOTB-JP001}

ギャレオン
光属性  機械族  ☆4  ノーマル
ATK/1600  DEF/1300
勇者王の中核となるメカライオン。鋭い牙と爪で相手を攻撃する。







チームシャドウミラー制作のオリジナルパック、TRACE OF THE BRAVERにて登場した機械族の通常モンスター。
単体での使用はあまり有効ではないが、ライナーガオー、ドリルガオー、ステルスガオーのユニオンモンスター達の装備対象であり、また、ファイナルフュージョンによって融合召喚される勇者王ガオガイガーの融合素材モンスターである。

機械族なのでリミッター解除などのサポートカードの恩恵を受けれるが、反面システムダウンなどの専用除去カードによって除去される面もある。
前述した通り、単体ではただの攻撃力不足のバニラモンスターなので、このカードは投入するデッキは必然的に【ガオガイガー】デッキになるだろう。
ただし、凡骨の意地を主軸としたデッキにはいくらか投入の余地があるかもしれない。

光属性なのもいくらかサポートカードによる恩恵が受けられるが、攻撃力が1600なため、シャインエンジェルによる効果でのサーチはできない。
ただ、シャインスパークなどによる攻撃力強化はできる。


単体では活用が難しいので、このカードを召喚したらすぐにライナーガオー、ドリルガオー、ステルスガオーのユニオン効果でこのカードに装備させるのが望ましい。
実用性があるものは前線基地、ゲットライド!などであろうか。

ステルスガオーを装備していると、相手のカードの効果を全く受けなくなるため、相手にロックカードを使われている時などはステルスガオーを装備するとよい。
ただ、ステルスガオーは攻撃力をアップさせる効果は内臓していないため、大体のアタッカーによって潰されてしまうのが難点。
特別な状況下ではない限り、ライナーガオー、ドリルガオーを装備するのが妥当であろう。



  • 元ネタは 「勇者王ガオガイガー」
ゾンダーや機界最強7原種には「カインの遺産」と呼ばれていた。
宇宙開発公団の敷地内に墜落し、そのまま極秘裏に公団に保護される事となる。
その際、Gストーンなどの様々なオーバーテクノロジーを人類にもたらしている。
合体時にガオガイガーの中核となる部位となる。