チェアの調節方法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


座面の高さ調節


一般的には、尻、背中、太腿、足の裏に程よく体重分散する状態が良いとされているので、
ふくらはぎと太腿が直角となる高さが一つの目安。

その他の目安として、座った状態で (自分の身長)×0.25 = (座面の高さ) というのもある。

身長 145cm 150cm 155cm 160cm 165cm 170cm 175cm 180cm 185cm 190cm
座面の高さの目安 36.25cm 37.50cm 38.75cm 40.00cm 41.25cm 42.50cm 43.75cm 45.00cm 46.25cm 47.50cm

机や身長などの都合上で座面が高すぎて足がぶらぶらする場合は、フットレストやオットマンの使用を推奨。
逆に低すぎる場合は、腰や尻に負担がかからないように足を伸ばして座るのも一つの手。

座面の奥行き調節


一般的には、太腿の接触面積が多ければ多いほど体重が分散されるので、
座った状態で膝の裏と座面に指3本入るくらいが良いとされている。