6月3日 全体合奏 1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブログにも書いたけどこっちにもページ作っときました。読んでくれると指揮者が喜びます。

<合奏でやったこと>



  • 初見合奏

  • パート練

  • 全体合奏



今回はCの最後まで進みました。



<弾き方・注意・表現について>

☆ディバイドについて

この曲重音部がかなり多くなっています。 四分打ちや和音になっている所は可能なら両方ひいてください。

厳しいならば、以下の優先順位で弾いてください。



ベース、主旋律から5度の音、その他の音、3度の音



ただし、A-2ndのような 主旋律と同じ動きをしている部分でハモリになっている部分は、単音で弾いてください。

ちなみにこういう部分はTAB譜が適当になっているので検討して弾いて下さい。





☆八分音符の早いパッセージのほぼすべてにスラーが書かれていますが、このスラーは 表現上のスラー です!気持ちではスラー。

一部ハンマリング・プリングが必要となる場面がでてきますが、それ以外は基本的にすべて アポヤンドで毎回撥弦 してください。



☆この曲はワルツです。 「ずんちゃっちゃ」のリズムが超大事です。つーかワルツのノリに乗ってください

それで、2・3拍目の四分打ち(ex.3rd-A)はスタッカート気味に、「ちゃっちゃっ」って感じで切ってください。





〇複付点について

付点が二重になったものを複付点と呼ぶらしいっす。

複付点は、例えば四分音符だと「1+1/2+1/4=7/4」となります。

つまり、付点四分の音の長さ(3/2)が、四分音符の半分の半分の長さだけ長くなった長さ、1と4分の3拍の音価を持ちます。



〇イントロ部の4th

打ちが四分音符になっていますが、消音する必要はありません。そのまま伸ばしてください。



〇Aでのメロディーの弾き方

音量に山をつけてください。要は歌って。

あと、伸ばし⇒たたーんってところ(ex.Aの2小節目)の伸ばしが短くなりがちなので気を付けてください。ぎりぎりまで音を伸ばすこと。

16分音符は音量の山の頂点と考え、かなり強調して弾いてください。



たたーんっ

もしくは

きらーんっ

って感じで。



〇B前のチャラチャラした動き(2nd)

B3前の最高音Eを山頂として音量に山を付けてください。要は歌って。



〇Bの1前、Cの1カッコの最後

このように休符になっている所は消音をキメて下さい。



◆以下がんばれポイント



  • B前2nd

  • C前1st

  • C前打ち(つまり全員)

  • C-3rd

  • C-4th トリル部分(ハンマリング&プリング)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。