研究結果(12月7日)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

12月2日の研究結果の改善点を掲載

初期条件や渦の強さ等は12月2日と同じものとする。

δ=0.0で非回転球の場合(12月2日ver1)

・点と点の距離

定義:l_{ij}^{2}=2.0(1.0-x_{i}・x_{j})

h=0.01
h=0.001

・ハミルトニアン

h=0.01

時間毎に分解したもの

h=0.001

結果

δ=0.0で回転する球(12月2日ver2)

Ω=2.0π/12.0の場合

・点と点の距離

h=0.01
h=0.001

・ハミルトニアン

h=0.01

時間毎に分解

h=0.001

Ω=2.0π/60.0の場合

・点と点の距離

h=0.01

・ハミルトニアン

h=0.01

時間毎に分解してみていく。

Ω=2.0π/6.0の場合

・点と点の距離

・ハミルトニアン