登録日:2017/10/1(日)3:47:00
更新日:2018/03/18 Sun 21:47:16





基準年前後に活躍したディラグーンの高官で***の肩書を持つ。
かなり濃い紫色の武骨な鎧を全身に纏っており、頭部も表情の読み取れない不気味な仮面で隠している上
仮面に内蔵された変声器によって自らの声を非常に強いエコーのかかった低い声に加工している事から外見からは本来の性別どころか種族すらわからない。
その為素顔を知らない者にはスペリオス等の晶人系の個体と思われることもあるがれっきとしたディラグーンであり、
その素顔はキリリとした鋭い目つきとエメラルド色の瞳を持ち長い銀髪を生やしたサメ肌の優男である。
闘将の他に試験官としての顔も持っており、アルメディアの入試の面接や試験は主に彼が受け持つ。 セイヴァネスロード高官の育成機関である***帰りのエリート中のエリートであり、将来の海帝とも称されている人物であるが
感情豊かで緩いと言われるアルメディアの中では少数派である現実主義・合理主義派の筆頭格で
性格そのものは所属している構成員の多くに共通して明るく温和だが一方で
組織にとってそれが最善と判断すればどんな非情な手段も辞さない冷酷な一面も見られ、
もはや冷酷を通り越して"冷血"、場合によっては"卑劣"という評価がされる事すらあるほど。
その異質さは他の闘将と比べても顕著でアルメディア所属でありながら大らかで緩い同組織の在り方に批判的であり、
以前からその緩さが仇となる事態が起きるのではないかと指摘し続けてきたが今回遂に
アルメディア・フェスタ襲撃が現実のものとなった事から批判のボルテージを上げている。

ヴァルドゥーラ危機での作戦会議においてランシェの救出に関して議論になった際に言い放った
「我々は何をすべきだ? ヴァルドゥーラの鎮圧か、1人の人質の救出か」という発言は彼の思想を
表す発言の一つである。
その際にディマイトにランシェを失えばその喪失感によって兵士達が士気を低下させる可能性もあると反論された際も臆する事無く 「我々の優先すべき課題ではない」と冷徹に切り返して黙らせている。

この徹底した合理主義かつ現実主義の為、組織内でも内心彼を嫌っている者は少なからずいるのだが
逆に言えば組織の威信や面目を保つ為に常に奔走しているとも言え、
そうした意味でも組織には欠かせない存在なのもまた事実で今回のアルメディア・フェスタテロという不祥事は
アルメディアが解体されてもおかしくない事態であり、組織が解体されずに済んだのは実は彼のおかげでもあるのだ。
実際に彼を慕う官僚も多くやり方こそ非情ではあるがその分腕も立つのでそれだけ信頼もされているのだ。

戦法としては自らの種族が得意とする海戦や宙戦の他に幻術を得意としており、
その場の景色を別の景色になっているように見せるのは序の口で
監視者ですら油断していると感覚まで錯覚を起こしてしまう程洗練されている。
攻撃は左腕に仕込んだ"ジャイロナックル"と巨大な突撃槍であり、その威力たるや本気で放てば
相手に穴が開くどころか"真っ二つに千切れ飛んでしまう事もある"程と
正に***の名に恥じぬ能力と実力を備えている。
とはいえ彼が本領を発揮するのは前線での白兵戦ではなくあくまでその知識を生かした頭脳戦であり、
後の新天帝・ミカシェラ・ヴァジェリノスが絶対の信頼を置くと称される程だ。

スペック:身長3.5m、出力:身体:gex4.5、精神6.8(外力制御8)


台詞
「我が組織の最優先課題は威信と信頼を取り戻す事であろう?」
「我々は何をすべきだ? ヴァルドゥーラの鎮圧か、1人の人質の救出か?」
「…君の提案した作戦がうまくいくことを祈っているよ。ウォルドール殿」



感想:モチーフはなんとキン肉マン(WEB連載版)に登場した完璧超人始祖の一人にして完璧参式・ミラージュマン。
紫がかった無機質な外見や幻術を得意としている所は本家通りだがこちらは紫の体は生身ではなくあくまで鎧であり、 また素体は鮫肌の水棲人である。
名前の由来はフランス語で蜃気楼を意味するミラージュと同じくフランス語で紅や口紅を意味するルージュから。
2018年からはミラージュマンに加えて日本神話の水神であるミシャグジ様のイメージも追加している。