登録日 :2017/8/27(日) 18:28:07
更新日 : 2017/09/01 Fri 18:45:47





基準年前後に活躍したセリュエジアスの男性。
赤いタテガミのような髪と顎髭が特徴でセリュエジアスとしては他に類を見ないと言われる程の
大柄な体躯を持ち尚且つ種族でも 鋼のようなと揶揄される程の特に屈強な肉体を持つ高位体。

キュルティロン銀河系捜査局機動隊に属しており、その指揮を務めているが
これまでに数々の死線を潜り抜けており、傷を負った事も一度や二度ではないが
自種族の持つ強靭な再生力のおかげで現在も残る傷跡はないという。
在住はアークベイヨン・バイオコロニーの島の一つでリゾートで栄えるサハティン・アイランドであり
任務のない時は 趣味のホロ劇場や格闘技のホロビデオ鑑賞をしている がその趣味が
高じてか独自の武術である ドラシェイン流格闘術 を生み出しており道場も開いている。
道場を建ててから100年も経っていないのだが 既に門下生が数千名ほど 集まっているという。
その中には訳アリなオウグレアスの若き武闘家リスティオ・シュペルスや同族にしてアルメディアの
金剛将であるシェラードゥーン・アルネキシア、レムシール白陽医療団の***、
果てはディガス大使のメルベア・ティベルワードの名もあり、この四人が自身の代表的な弟子として知られている。

元々彼は同銀河系を陰で守り続けて来た歴史の長い ウィゾル一族の次男 として生まれており、
一族の伝統に従って5000歳の時に同銀河系捜査局機動隊へ志願し、
7560歳頃に機動隊指揮官となったキャリアを持っている等元々エリートではあったのだが
彼が現在の地位に就いたきっかけとなった事件がある。
それがかつてリーヴァス超銀河系で発生した ヴァクセン事件 だ。
この時ウィゾルは新しく入ったばかりの機動隊員らの研修の為リーヴァス超銀河系に派遣されており、
ザイオノイドの犯罪者が暴れた際の鎮圧の訓練に参加していたところ 偶然巻き込まれたのである。

その際彼が対峙したのがゾルマーズのインテリな怪力魔人 ゾドラム だった。
当時研修に来ていた新入りは治安部隊の増援が駆け付けるまで時間稼ぎをしようとしたものの運悪く
ゾドラムと相性が悪いものばかりだった為に力負けしてしまい、時間稼ぎすらままならず
そこでパワーとタフネスに自身のある彼が時間稼ぎ役を買って出たのだ。
両者は属している中系統こそ違えど生態も似通り肉体派として知られる種族であったことから
凄まじい物理技の応酬が続き、 数時間という長丁場にはなったもののウィゾル含む研修中の機動隊員達が
時間稼ぎをしたことで治安部隊の到着が間に合い、隙もできた為に確保に繋がったのだ。
確保されるまでの戦いで繰り出された技は殆どが身体出力由来の技だったが確保作戦の時は
まるで戦争が起きたかのような状況となったという。
とはいえ、幾ら人属系でもっとも頑強と称されるセリュエジアスと言えども真っ向から
殴り合ったダメージは大きかったようで全快までには時間を要したのだから相当な死闘であったことが伺えるだろう。
この一件が表彰されたのがきっかけでキュルティロン銀河系に帰還した後に更生施設兼義勇組織であるフォース・ソルカームを設立し、
その局長となり現在に至るわけだ。

スペック 身長3.9m、身体出力gex7.7、精神出力gex8,5(外力9)

感想 :モチーフは戦記絶唱シンフォギアシリーズの通称OTONAで知られる風鳴弦十郎である。
本家が肉体派で凄まじい身体能力と格闘能力を持っており、実際に人間辞めてるレベルのアクションを披露していた事から
屈強な肉体を持つセリュエジアスでもバチは当たらないだろうと判断しチョイスしている。