更新日:2018/06/21 Thu 22:44:03





基準年前後に活躍したセリュエジアスの若い女性。
3.7mとセリュエジアスの雌性個体はおろか、種族としてもかなりの長身を誇る。
セリュジン四大名家の一柱を担い、同星北方の聖域を守るセラドゥーン一族の出身。

セラドゥーン一族は元々は北方で発展した傭兵部族であるヴォルザーンの
末裔にあたり、浅黒い肌の個体が多いセリュエジアスとしては珍しい色白な肌や
セリュエジアスの平均を上回る長身はセラドゥーン家によく見られる特徴らしいが彼女の場合その中でも特に
身長が高いようでセリュエジアスとしてはまだ少女である1000歳ほどの時点で既に2.9mに達していたらしい。

七宙闘将の一人にして金剛将の肩書も持ち、アルメディア・オリジンズにして
7人の豪傑の一人セラドゥーン・ヴァグジェラーズの末裔にあたる。
同族の格闘家にしてキュルティロン銀河系捜査局機動隊隊長ウィゾル・ドラシェインの弟子で
オウグレアスの若き武術家のリスティオ・シュペルスは彼女にとっては弟弟子にあたる。
性格は豪放にして男勝りな性格であり細かい事は気にしないと言われるが礼儀はキチンと弁えており
能力制御は勿論できるが人当たりもいい事から多くの人物と関係を築いている。
とりわけ同族でディガス大使のメルベア・ティベルワードは幼馴染にして学生時代に一緒に
キュルティロン系屈指のお嬢様校として知られるマルクピール女学院に通っていた後輩にあたる。

豪放な性格のイメージの強いアルネキシアだが先述の通り礼儀はきちんと
弁えており人当たりがよく成績優秀と典型的な優等生だった為、
他の女学生の憧れの的であり、彼女のロッカーはファンレターホロチップで度々溢れてたという。

メルベアもそんな先輩である彼女に憧れる学生の一人だったのだが当時は今以上に繊細な性格だったが故に
中々話しかける事ができずやきもきしている所を見て自らアプローチし、現在に至るらしい。

メルベアが肌身離さず頭に巻いている鉢巻はマルクピールで年に一度行う新体操大会にて
優勝祈願のお守りとして彼女がプレゼントしたこの世に二つとないものであり、これを貰ってから
何度も優勝を勝ち取っているのである。
この一件以降"お姉様"、或いは"姐さん"と呼ばれ慕われており、自身も妹のように可愛がってるとの事。
そんな二人のコンビはツイン・ファイヤーと呼ばれ、一心同体と言える程のコンビネーションを発揮するという。

セリュエジアスらしく肉弾戦が強く、特にその長い脚を活かした足技が得意。
特に肉体強化魔術を使って放つ蹴りは急所にさえ当たれば
誇張抜きにキュヴェイロンすら一撃で沈める威力であり、かつてジェゾン・グリードと
交戦した際に隙を突いて顎へ蹴りを見舞い、戦闘不能に追いやった事もあり以来因縁がある。
ちなみにはネジュソン保護作戦に関与した人物の一人にして迷子の女の子を拾ったおっきな将校のお姉さんその人で
保護作戦に関与した当時は七宙闘将ではなくその2つ下の階級である大洋官の一人にすぎなかったが
私用でたまたまヘイロニアス・テクトラクタに訪れていた際に騒動を起こしていた少女の噂
聞きつけて保護作戦に参加しており、彼女はその少女がネジュソンという名前である事、
家を持たずにそこら辺を放浪しているという事を聞いた為得意の料理で心を開かせる作戦に出たのだ。
最初の方こそ警戒されてなかなか食べてくれなかったのだがある時空腹に
耐えかねたネジュソンが手料理を食べた事を確認するとその度に手料理をこっそり持ち込んでを繰り返し、
ネジュソンが手料理を食べるようになってから暫くするとウィゾルと共にネジュソンと直々に
対面・説得するが疑り深いネジュソンにそのまま奔走してしまう。
だが奔走から1か月後にモルジョケールの刺客であるクレモスに殺されかけているネジュソンを
発見し師匠のウィゾルと共に助太刀する形で介入、これを撃退しほんのわずかながら信用させるものの
完全な信用ははしてもらえずにまたしても逃げられてしまうが
転機が訪れたのはクレモス撃退から10カ月程経った日の事だった。
何者かにやられたのか廃墟の中で傷だらけで倒れていた上に
高熱を出していたネジュソンを発見し、一刻を争うと判断し有無を言わさず道場へ連れ込み、
賢明な処置もあってか無事意識を取り戻すがネジュソンが早々にリスティオに顔面パンチを
見舞うとそれを見て笑っているが内心ではこれで彼女がただ者ではないと察知したらしい。
その後は厳しくも優しい指導を施し一人前の戦士に鍛え上げると彼女をアルメディアの本部へ連れて行き、
自身は案内人としてアルメディアがどういった組織かを説明した後新任者が就任する際に必ず行う伝統行事で歓迎し今に至るわけである。
こうした経歴がある為かネジュソンとは今でも仲が良く、度々相談に乗ったり一緒に食事をしたりすることも多いと言う。

服装はレオタードのような服装にさらにスカートや袴を思わせるものを着用、
太ももは露出しており、そこにタトゥーのようなものを彫っているがこれは単なるファッションではなく
魔術回路の役割も果たしている模様。


台詞

「覚悟はできてんだろうなぁ?」
「歯ァ食いしばれェ!」
「いくよメルベア!アレ、使うぜ!」

技(金剛体術をベースにしている為技名の一つ一つに"金剛"と付くものが多い)
金剛螺旋脚
金剛飛翔脚
※双刃剛炎脚 メルベアとの合体技、電刃剛炎脚を二人で同時に放つ

感想モチーフはトリニティセブン 七人の魔書使いの登場人物の一人不動アキオである。
元ネタは格闘戦、とりわけ足技使いで近接戦に関しては七人の魔書使いの中で最強な事から
セリュエジアスをチョイスしている。