登録日 :20??/??/?? (曜日) ??:??:??
更新日 : 2017/02/08 Wed 00:20:46
所要時間 :約 ? 分で読めます






ホルヴィスト(♂)/オルヴェイヤ・ヘルクリオン


アルメディア所属のホルヴィストで本名レオーン・オルヴェイヤ・ニヒ・ヘルクリオン。
灰色がかった褐色の体毛と岩のような筋肉に全身を覆われており、
身長は2.9mと元々大柄なホルヴィストの中でも巨漢扱いされる体格を誇る。
アルメディア所属ではあるが忍官という特殊な職に就いており、
自身は剛忍官の肩書を持つ。
忍官は七宙闘将と同格でありながら行動制限があまりないのでほぼ自由に行動できる事を利用して
部下と共に銀河系の各地で諜報を展開しているが立場上留守にしている事が多い上、
同組織に貢献する傭兵としてまかり通っているので彼がアルメディア所属であることを知らない者も非常に多い。
(忍官はローグリエル大帥軍における秘帥官のポジションに当たるがこちらは存在自体は秘密にはなっておらず、あくまで所属が秘蔵扱いという違いがある)
幼少の頃から数々の武人に弟子入りしてはあらゆる武芸を極めており、
こん棒や大剣といったパワーファイター向けの武器はおろか、
槍や弓矢といった繊細な技術を必要とする武器すら扱うまさに生きた武器庫。
だが猛々しい外見にもかかわらず、性格は意外にも冷静で一件粗野かつ荒削りに見える戦い方も
全て計算したものであり、ただのパワーファイターと舐めてかかると痛い目に逢う。
自身が属する役職に関係してか博識であり、特に裏社会の情勢やゾアクロイド論に詳しく、
ヴァルドゥーラにも傭兵として潜入し、日々情報を送信、
ヴァルゥーラ危機においては彼が送信した情報の内ある一つの情報が
アルメディアが散々辛酸を嘗めた相手であるヴァルドゥーラへの反撃の機会を与えるきっかけとなっている。
そんなオルヴェイヤだがある種意外なカードがある。
聞いたものは皆奇跡だと言うがなんと同族にして伝説の光弓使いとして知られるコピエン・クーセギと 手合わせしたことがあるのだ。
厳密にはローグリエルとアルメディアの合同演習の際の行われた模擬戦にてコピエンが放った光矢を
大剣によって化け物じみた反射神経で弾き返しただけなのだが。
あまりに一瞬だったので何が起こっているのかわからず、自身も気が付いたら弾き返していたとの事。
この件に関してはお互い腕を認め合う仲となっているようである。
なお、その役職から多くの人物と関係があり、とりわけディガス大使にして同じく同族のパゴラ・カーンとの関係が深いようだ。

身体出力 :gex6.8、精神出力gex12
能力 巨大レイチェリアによる射撃術、大剣、棍棒等の大型武装を手足のように取り扱うパワーファイター。

デザイン・プロフィールモチーフはギリシャ神話の大英雄ヘラクレス
棍棒を振るうパワーファイターでありながら繊細な手先が必要な弓矢も扱える部分はヘラクレス由来。
gex6.8と異常なバカ力だがこれはヘラクレスが巨人アンタイオスをベアハッグで持ち上げ、そのまま絞め殺した逸話に由来している。
なお、「ベルセルク」のガッツのイメージもあり 、バカデカい大剣を軽々と振り回す所をトレースしてある。