登録日 :20??/??/?? (曜日) ??:??:??
更新日 : 2014/08/12 Tue 00:43:57
所要時間 :約 ? 分で読めます




オルミジェル系統人属
雌雄2性型、平均出力gex3.5、平均身長1.8m、平均寿命400年、
能力4、知性5、社会5、合計14


ミゼアン銀河系の惑星ザリーナ発祥?の種族。
やや灰色がかった白い肌とエルフのように尖った耳が特徴。
中位開発者に相当し、すらりとした体つきでやや鋭い目つきである。
男性にもこの特徴が当てはまり、あまり筋肉質ではなく、
中性的な雰囲気を漂わせている(中には一見すると女性と見間違わんばかりの顔つきの男性もいる)
ミゼアン銀河系では数少ないオルミジェル系統の、それも亜種系統に
当たる種族で祖先はレイオシスやキューリネの近縁種と推測されるが詳細は不明。

身体出力は並み程度であるが精神出力はこの段階の種族としても、
オルミジェル系統としても高め。
感知能力が非常に発達しており、暗闇の中でもそこに何が有るか、或いは
遠く離れた場所に何がいるかを見ることが可能であり、
高位体となれば相手の精神に干渉し、強力な幻術を見せて錯乱させることもできる。
こういった能力を持つ種族はミゼアン銀河系では数が少なかった為、
非常に優れた物として評判が高く、工作員やスパイとして活躍する個体はどの勢力でも重宝された。

しかし、彼らの経歴は波乱に満ちた物であった。
ジェルマード公国とランドマイン連邦が睨み合いとなって緊迫した状態になった時、
ジェルマード公国派とランドマイン連邦派で大きく分かれたのだ。

どちらにもつかない穏健派も中にはいたがかなり少数であり、残った彼らが
両勢力についた派閥を説得したものの、逆にこれが彼らに火をつける要因となってしまい、
事態を悪化させてしまった。
こうして紛争が発生し、少数派である穏健派はミゼル連合に駆け込む形で助けを
求めたが時すでに遅し、母星に決戦兵器が投下され、
完全に破壊こそされなかったものの、全土が一瞬で焦土と化し、
脱出が間に合わなかった多くのザリフィーネ達は命を落とした。
母星と多くの同胞を同時に失う悲惨な結果に両勢力に付いた派閥は話が違うと
激怒したが戦いを終わらせるためにやむを得なかったと突っぱねられてしまう。
ジェルマード派、ランドマイン派の両派閥は母星を失った事で我に返り、多くが離反、
生き残りと合流して難民としてミゼル連合に駆け込んだ。
複雑な経歴を持つ彼らをファゼロンやカンダハーラは温かく迎え入れた。
その為、ミゼル連合の種族…特にファゼロンとカンダハーラには恩義を
感じている個体が非常に多く、仲も良いのだ。
現在のザリフィーネ達はこの生き残りたちの子孫であり、
ミゼルゲイト・テクトラクタは勿論、銀河系を出て
アトラス・テクトラクタに住む者も多いようだ。
彼らのこの悲惨な経歴はミゼアン系、いやアトラス系でも知れ渡る事となり、
ザリーナの悲劇として語り継がれている。
こうした経験からか、ジェルマードやランドマインに対しては
あまり快く思ってない個体が多いという(個人での付き合いはあるらしいが

実のところ、謎の多い種族である事も事実で、ミゼアン系に移民したアナリアンが
進化した経歴のあるカンダハーラやそのカンダハーラとエディアシスの
混血が独立した経歴を持つジェルミアンのように起源すらわかっておらず、
彼らがいつミゼアン系に到達したのか、起源となった種族は
なんなのかすらも未だ不明で近年の研究により、紛争で損失した母星ザリーナも
『発祥となった惑星ではない』という事が明らかになってきている。
そして驚くべきことに、遺伝子研究の結果、
水没して久しい放浪する遊星ラキュアリエスの
滅びた文明の末裔という可能性が示唆されているのだ。

ルミアリア・リーベルゼルト ATのユシューラ・コロニーにある豪邸に住まう魔術師。非常にプライドが高く、性格は超がつくほど傲慢。
(モチーフ「fateより、ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト)

感想 :モチーフはヤマト2199に登場したジレル人。
本家はその能力を恐れられ、迫害された結果数を減らした種族となっていたものの、
そのまま世界観に加入すると問題がある為、紛争によって母星を
失った悲劇の種族という設定にアレンジしました。
そして本家もアケーリアス(旧作におけるアクエリアス?)文明の末裔では?という事を
匂わせる描写があったため、彼らもそういった末裔説のある種族にしてみました。
ちなみにモチーフにはセム人のイメージもあります(無論差別的な意味ではありません念の為