レイセント

雌雄2性型、平均身長1.9m、平均出力5、
能力6、知性5、社会5、合計16
平均寿命500年
惑星ピュイウスに原住する種族。ハピューレアン同様に
アークイルから進化した種族でヴェイガルに似た頭部と
白い美しい羽毛で覆われた体が特徴。
ハピューレアンとは対照的に平和主義者で、できる限りは
話し合いで解決しようとするタイプ。
一応戦闘能力がないわけではない為、その気になれば戦うが
ハピューレアンよりも平均して精神出力が高く、肉体的な強靭さでは劣るが
サイキック能力はこちらの方が格段に上回っているのである。
また、ハピューレアンより先に発生した種族ではあるが
ハピューレアンに比べるとまだ発展途上。しかし歌と魔術
に関する文化はそれ以上に進んでおり、その歌声はとても
美しい事で知られている。その為、多くの銀河系で
歌姫として活躍する個体も多いのだ。
しかも彼らの歌の音波には癒しの波動が含まれており、精神病患者を健全な状態に戻したという記録もあるようだ。
だがこの歌を攻撃に使う事も可能で聞いた者の存在場を崩壊させる一種の滅びの歌、
レイセント語でカーセス・カヌレを歌う事が出来る個体も存在するがこれは高位体でなければ
歌う事を許されておらず(というか高位体以外では歌えない)、敵だけでなく味方、そして自らの命にも危険が伴う為、秘伝であり禁断の技とされている。
性格は一般的にハピューレアンに比べると大人しいとされるがややプライドが高い一面もあり、わがままとも言われる。
イグザ銀河系一とも評される歌声の
持ち主ハピューナ・メイフィンや魔術師として
知られるシシー・メイディーンが有名な個体であろう。

感想 モチーフはギリシャ神話に登場するハーピーとはまた別の鳥人セイレーン。
セイレーンも歌で人を惑わせるがレイセントはハピューレアンと違って大人しい性格だったりする。