更新日:2018/11/04 Sun 03:53:36






セリュジン/ケリュジッド

ケリュジッドは惑星セリュジンの首都に相当する都市であり、
セリュジンの4大都市の中で最も発展する都市の一つである。
同星南部のオアシス地帯に作られており、所々三角の石造りの神殿のような様式の建物が存在する為
全体的に荘厳な雰囲気が漂う。
街の中央部には巨大なユフティラル川も流れており、流域には多くの遺跡が発掘されていることから
セリュエジアス文明始まりの地ともいわれているようだ。

南部の名家であるシェプレス家発祥の地。

セリュジン/ラドゥーカン

ラドゥーカンは惑星セリュジンの4大都市の一つである。
同星北方の険しい山岳地帯に作られており、建物はみな山と一体化した作りとなっているのが特徴。
4大都市の中で一番規模が小さいものの修業の場にうってつけと評判が高く、
道場が数多く存在しているの事で知られ、
こうした背景から医療施設もケリュジッドに次いで充実しており、
惑星外からもわざわざ訪れる患者がいるという。

北部の名家であるセラドゥーン家発祥の地として知られる。

セリュジン/ドレンバラッド

ドレンバラッドは惑星セリュジンの4大都市の一つである。
サバンナの近くに作られた商業都市であり、規模はそれほど大きくないものの
発展度合いは実は首都であるケリュジッドに匹敵する。
これは消費者から開発者への過渡期に当時パワー至上主義であったセリュエジアスが多い中、
ティベルワード家のルーツとされる一族が平均未満のスペックの者達を集めて技術で巻き返しを
図ったことに由来しており、正式に開発者となってからは異文化流入の最先端地域とされたこともあった。
その為基準年におけるドレンバラッドに相当する都市が首都だった時代もあり、
現在はその名残として商業都市となっているようだ。

西部の名家であるティベルワード家発祥の地として知られる。

感想:惑星ネタ補完のため作ったネタ。
実はGma氏の考案した惑星ネヴィルのロケーションネタに触発されたものであり、
地方別にそれぞれ異なった要素を持つ都市を考えてみたものである。