更新日:2018/10/25 Thu 00:15:12
所要時間:約 ? 分で読めます



出身天体:リーヴァス超銀河系
出身惑星:ナワスガン
大系統:リーヴァス大系統人属
中系統;セニレイン系統人属
スペック;雌雄2性型、平均身長3.4m、平均出力gex6.7、平均寿命10000年
評価:能力6、知性6、社会6、合計18

惑星ナワスガン出身のヒューマノイド系種族で
3mを優に超える屈強な巨体と筋肉質な体に青みがかった灰色の肌を持つザイオノイド系監視者。
水での活動に適応してか外見的にも頭髪含む頭部の体毛以外はほとんど退化しており、
尚且つ肌もクジラやイルカの様に滑らかになっている等
通常のヒューマノイド系種族と比べて異質な特徴を備えているが
彼らの生活圏はあくまで水上であり、その生態上同系統で
水中が生活圏となっているディラグーンとは違い、水への適応は副次的なものに過ぎない。
よって適応の度合いは劣るもののそれでも十分な程で鼻孔は自在に閉じられるようになっている他、
目には瞬膜も備わっており、熟練者であればほとんど装備なしで
深海まで潜ることが可能な水準まで進化しているのである。
また、進化の過程でエコロケーション能力も獲得しており、
彼らのローカル言語にはこれを使った水中用のものがあるという。
キュルティロン銀河系発祥で実際に同銀河系で繁栄している人属系統であるセニレイン系統に属する種族だが
彼らは銀河外に移民し、そこで独自の進化を経て発展したいわば移民種族として知られている。
これは彼らが原種であった開発者時代に発生した太古の時代にキュルティロン銀河系で
発生した大規模な戦禍に巻き込まれたためで銀河外へ逃げるという選択を取った結果だ。
どうやら彼らの発祥となった元々の母星の座標は銀河系攻略にあたって重要な宙域に存在していたようであり、
集中的な攻撃を受けて母星を脱出せざるを得なくなり追撃も激しかった為銀河系外へ逃げる形を選択、
長い流浪の末にリーヴァス超銀河系にたどり着き、新天地であるナワスガンに移住、
環境へ適応させるうちに現在の形質へと進化したいわくつきの経歴があるのだ。
(ちなみにこの戦渦が原因で母星や銀河系を炙り出され辺境の星や銀河外へ脱出、移民した種族は他にも
存在しているがその中にはクヴルカンやメルティラインもいるようだ)
現在でこそかつてアリオナス系に君臨していたダオメルトや同系統のディラグーンと並ぶ海洋民族として
知られるスワミケナタだが荒れやすい天候と海を持つかつての母星の影響もあってか
原種の時点で風の流れを読むことができるなど素質はあったようでありリーヴァス系へ移民し、
現在のナワスガンとなる惑星にたどり着いて独自の進化を遂げた際にこれらの能力が発展、
種族としての特性へ繋がっているのである。
その為銀河社会においては宙戦を得意とする将校だけでなく
優秀な航海士を輩出している事でも知られているのだという。

感想
チャットでのネタから思いついたネタ。
モチーフは日本神話に登場する軍神・タケミナカタで
同じ海洋民族系と設定しているゼラフィオスとは被るがゼラフィオスが
"南海の海洋民族"というイメージなのに対してスワミケナタは
"北海の海洋民族"というイメージという点で差別化しており、
コンセプトは上でも述べた北海の海洋民族及び、鯨人間であり、
これまた同じ水棲の同系統の種族であるディラグーンとも
差別化している(ディラグーンは"サメ人間"というコンセプト、
水棲人という意味では同じだがディラグーンは実質的に半魚人である)
ちなみに北海の海洋民族である点や種族レベルで青髪が多く巨体という特徴は
マギに登場するイムチャック人のイメージもある。