こちらは非GDWネタを保管しておくところです。



伊吹鷲緒(ゴールデンイーグル)

身長175㎝、体重70㎏、3サイズ、B80、W62、H93

日本出身。
狗鷲(ゴールデンイーグル)の獣闘士で空手使い。
ショートヘアの為男に見えるがれっきとした女性である。
元々は一般人であったが道場破りの襲撃を受けて両親は死亡し門下生も全滅、
看板を奪われた上に妹も重傷を負った上に彼女自身も返り討ちに遭い、その結果道場は落ちぶれてしまう。、
看板を奪った上に両親の命を奪った同上破りを追うべく人探しをしていたところある闇医者と出会い、
そこで獣化手術を受け、狗鷲(ゴールデンイーグル)の獣闘士となった。
その後地下での牙闘にミッシェルがいる事を感じ取り、挑戦状を叩き込み参戦する。
獣闘士達に苦戦しながらもなんとか決勝まで勝ち上がり、ミッシェルと対面、
勝った方が相手の命運を決めるという条件下の元牙闘を開始する。

狗鷲はアジアからヨーロッパ、北アメリカにかけて生息する大型の猛禽類で
普段はノウサギやヤマドリを捕食するが時にはヤギやシカをも捕食する。
日本においては天狗のモデル及びその正体とされることもあるという。



ミッシェル・ウィリアムズ(ハーピーイーグル)

身長210㎝、体重120㎏、3サイズ、B95、W69、H101

アメリカ出身で扇鷲の獣闘士。
元々は総合格闘家だったが強すぎるが故に妬みを買っており、
協会は彼女を潰そうと対戦相手として刺客を送り込むがその対戦相手をも返り討ちに。
しかし不慮の事故で死に追いやってしまい、格闘技界を追放されてしまう。

行く当てもなくアメリカのバーでバウンサーをしていたところ
罪滅ぼしができると謎の人物に唆され、そのまま獣化手術を施され獣闘士となった経歴を持つ。

実は獣闘士化する前に鷲緒の家族が経営する道場を襲撃しており、
その際に家族や門下生を全滅させ、看板を奪い取った過去がある。
地下での牙闘で相手を血祭りに上げては鮮血の巨鳥と恐れられていたが
勝った方が負けた方を好きに扱うという条件下の元伊吹に牙闘を申し込まれ、死闘の末に敗北。
その後彼女を潰そうとした財閥によってハゲワシの獣人部隊をけしかけられるが
満身創痍の体に鞭を打って伊吹を抱き抱えながらもこれを撃退、
何とか地下から脱出するが既に限界であり、伊吹のバックにいた組織によって
救出され治療を受け回復。全快後に二人と意気投合し、チームラプターズを結成する。


扇鷲とは南米に生息する世界最大の猛禽類。
大木の生い茂ったジャングルを生息地としており、
握力は猛禽類否、鳥類最強の驚異の140㎏にも及ぶ。
狩りの際にはその剛脚によってサルやイグアナをいとも
簡単に木から引き剥がし、捕食してしまうのだ。