登録日:2018/4/1 (日曜日) 7:15:00
更新日:2018/04/01 Sun 07:21:39
所要時間:約 ? 分で読めます




アーク超宙域出身のヴァルキュアンの女性。
赤く長い髪と同じく赤い目が特徴であり2mを軽く超える長身だが整ったプロポーションを持っており、
ヴィルザール・ド・コープの同盟勢力であるヴァンピーラ財閥の令嬢。

アンナ・ベイルマンとイリーナ・ベイルマンの母親にあたり、娘の並外れた身体能力は
彼女のヴァルキュアンの遺伝子によるものが大きいようだ。
夫はアークス・ネオスでヴラド三世の末裔であるジェス・ベルイマンだが
二人の出会いは実に波乱に満ちていた。
1980年頃に魔族ハンターに追われていた彼女は命からがらジョギング中の一人の男性の元へ逃げ込んだ。
この男性こそ後の伴侶であった。
ジェスは勇敢か無謀か彼女を追っていた魔族ハンターに立ち向かおうとし、
気迫で追い払うのを目の当たりにし、同時に傷の手当の為家に連れ込まれることとなる。
ジェスの両親には驚かれたが傷が治るまでならと滞在を許可されたが
一か月ほどたったある日満月を見て翼を展開し目を爛々と輝かせていた姿を彼に見られてしまい、
正体を知られたからには人間の世界にはいられないと意味深な言葉を言い放ちどこかへ去ってしまった。
その後川のほとりにいたところを追い掛けてきたジェスに「君が人間であろうとそうでなかろうと愛する気持ちは変わらない…要するに…君の事が好きだ!」と
プロポーズとも取れる言葉を言い、これに心を打たれた彼女は再び家へ戻ることに。
そこで待ち受けていたのは意外な両親の反応であった。息
子が最初から彼女に好意を持っていたことはお見通しですんなり家に住むことを許可されたのである。
晴れて家族となった彼女は屋敷に飾られている肖像画がヴラド三世だという事を知り、
同時にベルイマン家がヴラド三世の末裔であることも知る。
こうしてジェスと意気投合し、アンナとイリーナの双子を設けたわけだ。
娘にはベタベタで甘やかし気味な傾向がある一方で愛情は確かでありアンナがヴァルキュアンのハーフであることを
苦にして自殺未遂を起こし、出血多量で瀕死になった際には自らの手をナイフで刺して血を飲ませるという荒業で救った程だ。
その後は激高したアンナが事件を起こしたり、イリーナを連れて家出し消息不明になる等不幸が続くが
2022年頃に途絶えていた連絡が届き、なんと日本にいることが明らかとなった。
娘の身柄保護の為家族を連れて来日、娘の保護に関与したアクエリアスのコネでビザも取得し、
一家で日本移住を果たすこととなる。

余談だが外見こそ20歳代のうら若き乙女だがこう見えて年齢は100歳を超えているがそれでも
ヴァルキュアンとしては青少年に過ぎないらしい。
武器は巨大な鎌であり、直接切りつけるほかに斬撃を飛ばしたり切った相手の血を吸い取り、
彼女自身が直接吸血せずとも眷属を作り出すことが可能。

身長:210㎝、身体出力;gex3,6、精神出力;gex4,2

感想
モチーフはだから僕はHができないに登場するメインヒロインの一人リサラ・レストールである。
本家は死神だったものの、こちらは吸血鬼という設定になっており、尚且つ
人妻にして双子の子の親である(爆