※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Stage2「選ばれし光」

脚本:岡田麿里/絵コンテ:河森正治、平池芳正/演出:水本葉月、高島大輔、筑紫大介/作画監督:小倉典子、今西 亨、杉村友和

使用楽曲

● 希望について
OP
Bパート エアロックから撤収するシーン(インスト)

● 会いたかった
Aパート ビッフェでの食事シーン(ポップなアレンジのインスト)

● AKB参上!
Bパート AKB襲名メンバー登場のシーン

● ヘビーローテーション
Bパート シャンデリアの下敷きになった智恵理を助けるシーン(オーケストラアレンジのインスト)
Bパート 怪力を発揮する際、大島優子がサビを歌唱

● 夢は何度も生まれ変わる
ED

小ネタ


Aパート

● 宇宙港のアナウンス
声優は審査員特別枠の村重杏奈
ロシアンハーフのバイリンガルである
オーディション時に課題台詞全てをロシア語で読んだことが評価されてか、ロシア語のアナウンスも担当

● 男装している智恵理
渡辺麻友は男装女子を好む性癖がある
AKB600Secでも、男装喫茶で高まるシーンが収録されている

● 凪沙と智恵理
名前の「凪沙・智恵理」が「渚のCHERRY」にかかっている
「渚のCHERRY」はメンバー間の格差が明確に出たA2公演曲の中でも、黄色い衣装を着るセンターと青い衣装のバックダンサーの格差が如実に出る曲である
A2の前田を筆頭に、B2の渡辺、K2の向田など、センターポジションを期待されるメンバーが、黄色い衣装を着ることが多い

● ネガティブな真琴
指原莉乃・小谷里歩を筆頭にネガティブでヘタレなキャラはAKBグループに多数存在する

● 鈴子が飲んでいる缶飲料
一話Aパートで飲んでいた野菜ジュースの缶バージョン

● 鈴子に変なあだ名をつける楚方
倉持明日香は独特のあだ名センスを持ち、一般的な呼称とは全く別のあだ名でメンバーを呼ぶことが多い

● 一次オーディションに合格していない楚方
AKB48のオーディションにおいて、年齢の下限は11歳(14期生)
楚方は10歳なので、これを満たしておらず失格になったと思われる

● マロンカラーのセミロングで絶大な人気のあった三代目ぱるる
ぱるるは島崎遥香の愛称

● 智恵理失踪のニュース
智恵理の実家ゾディアックコーポレーションは、AKB0048を弾圧するDES軍に軍事機器を提供している
幼少期から性格が激変していることに、関係しているのだろうか

● 聖なるリリック
リリックとは歌詞の意味
先聖センセイが呟いた「いくつ目の涙」は、ED曲「夢は何度も生まれ変わる」に実際に使われている。

● フライングゲット号
「フライングゲット」



Bパート

● DES軍無人兵器のシールドエンブレム
I(Idol)に\をかぶせてアイドル禁止ということだろうか

● AKB0048参上!
腕が光るのも、ポージングも実際の「AKB参上!」そのまま

● 小嶋のステッキ
サブ司会を務める有吉AKB共和国で使用していたものか

● ハートアタック
「ハート型ウィルス」

● 八代目にゃんにゃん
この時のポーズは第一回じゃんけん大会で使われた「セクシーじゃんけん(チョキ)」のものか
ファンはこじはる、メンバー(並びに自称)はにゃんにゃんと呼ぶようだ

● ウッホッホー
秋元才加はゴリラキャラ
楽曲「ウッホウホウホ」

● 凪沙にスキンシップを仕掛ける大島
● 智恵理をお姫様抱っこする大島
大島優子はよくメンバーにスキンシップとセクハラを迫る

● ガンガンなってるミュージック ヘビーローテーション
第二回総選挙で一位となった大島優子が、初めてセンターになった17thシングル「ヘビーローテーション」のサビ
衣装も「ヘビーローテーション」のものへと変化する

● 下腕部からミサイルランチャーをポップアップさせる渡辺
その完璧なアイドル性から「アイドルサイボーグ」の異名を取る渡辺麻友を、そのままアンドロイドとして表現
青のインジケータや構え方から、ビジュアルヤングジャンプ104号のグラビアが元ネタと考えられる

● み~んなの援護は~おまかせまゆゆ~
渡辺麻友の自己紹介「み~んなの視線を~いただきまゆゆ~」から

● LAS
0048が使用している戦闘用ロボット
主なパイロットは十代目宮澤佐江

● 以上、艦長代理六代目ゆきりんでした
柏木がお天気お姉さんをしている情報番組「ひるおび!」で、コーナーを締める際の定型句「以上、柏木由紀でした」から
ファースト写真集のタイトルにもなっている

● 前田敦子
四年前の回想以外、十三代目前田敦子は姿を見せない
OPでも歌唱シーンにはいない